ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

松本からはじめる ひょいと信州旅歩き 安曇野 雪解けの安曇野わさび田&日本で最も美しい村へ

‘安曇野’という地名は、遠い昔、
北部九州で海運に従事していた‘安曇族’が、
北アルプスの裾野に広がる松本盆地の北側に移り住んだ史実が、その由来といわれています。

地下深くに浸透したアルプスの雪解け水が、盆地のいたる所から湧き出て、
キラキラと輝きながら長閑な田園を流れる美しい情景。
そして、周辺を取り囲む切り立った山々との麗(うるわ)しいコントラストは、
名だたる文豪や画家を虜(とりこ)にし、数多名作の人知れぬ源泉となりました。

安曇野には、観光ガイドブックが声高に書き立てるような、キャッチーなハイライトはありませんが、
われわれ日本人が充足感を抱く自然の恵みが、神々しくもさり気なく散りばめられています。

四季折々、訪れる度に新しい発見が待つ安曇野へ。
さあ、あなたも足を運んでみましょう。

この風景を見るだけで行く価値あり

松本市街から国道19号を車で走ること約30分。
安曇野に到着しました。
このエリアは、NHK朝の連続ドラマ小説‘おひさま’の舞台にもなったところ。
初めて見る景色なのに、思わずホッとするのはなぜでしょう。不思議です。
そしてふと仰ぎ見れば、安曇平の先には北アルプスの常念山脈が……。
ほんと、どこを切り取っても絵になりますねぇ。
おひさまのロケ地である一本道
村のいたる所に小さな守り神“道祖神”がひっそりと佇んでます。
ここ安曇野では、レンタサイクルを借りて楽しむ“道祖神めぐり”も人気なのですが、今回は、日本一のわさび産地としても知られる安曇野ならでは、国内最大級のわさび田‘大王わさび農場’を訪ねてみます。
  • 道祖神
  • 道祖神
  • 道祖神
  • 道祖神
  • 道祖神
  • 道祖神
  • 道祖神
名水百選に選ばれている“安曇野わさび田湧水群”。
山に染み込んだ北アルプスの雪解け水が湧き出て、
安曇平のいたるところを流れています。
中でも、大王わさび農場前を流れる蓼川は一見の価値あり。
透明度が凄い!
  • wasabi01
  • wasabi02
さて、お目当ての大王わさび農場の中へ。
ここは、入場無料なのがうれしいですね。
入ってすぐ現れるのは、大きな大きなわさび田。
夏の強い日差しからわさびを守るために、
黒いネットがかけられています。
このネットは、毎年5月から10月までかけられているそう。
wasabi03-04
ひょいと土手を下りて、黒いネットの下をのぞいてみると、
小石を敷きつめ丁寧に手入れされたわさび田に行儀よく並ぶわさびたち。
そして間を流れる水の美しいこと。わさびは水が命と言いますものね。
冷たい~!
  • wasabi05-2
  • wasabi06
さぞかし美味しい、いや、辛いわさびが育っているのでしょう。
見るからに美味しそうです。

次へ

閉じる

実は、こんなにたくさんのお店がある“中町通り”。紹介させていただいたお店はほんの一部です。

閉じる