ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

松本からはじめる ひょいと信州旅歩き 松本城・中町 山岳地帯の城下町を歩く

松本で初めての“食料品店”
やまへい

また蔵のお店ですね。“やまへい”さん。
暖簾には“佃煮”や“漬物”と書いてありますね。
こちら、店主の斉藤さんです。
やまへいさんの店内は郷土の名産品でいっぱいですねぇ。
  • やまへい
  • やまへい
  • やまへい
大正7年に創業しました。松本ではじめての“食料品店”だったのですよ。
当時は松本という土地で“生モノは無理”だったので、
加工食品を扱っていました。
最近では観光でお見えになったお客様向けに
信州のお土産を中心に取り揃えています。
なるほど。松本で常に出てくるキーワードは“保存”ですね。
食品を傷まないように保存することが大事だった、と。
だから佃煮も種類が多いんだ。
あ、“イナゴの佃煮”!
信州の佃煮といったらこれこれ、イナゴの佃煮ですね。
試食品があるので食べてみます。
やまへい
う~ん。
海老の佃煮……みたいですね。
全然フツーに美味しい。
  • やまへい
  • やまへい
  • やまへい
  • やまへい
  • やまへい
他にも“山賊焼きのタレ”や“山辺ワイナリー”のワイン、
“はちみつで作った果肉いっぱいのジャム”にも惹かれます。
山辺ワインは地元・松本産のワインですよね。
甘口も辛口も評判いいんです。
やまへい
う〜ん、見ていると、どれも気になって決められない。
“信州郷土食品のセレクトショップ”という感じですね。
やまへい
えい、パッケージもカワイイこのジャムをお土産に決めました!
bg_shopinfo1_top

やまへい

bg_shopinfo1_btm

世の中の誰かが欲しがっている
古美術 樋口

う~ん。こういう通りにいかにもありそうなお店ですが、
“骨董”ではなく“古美術”と書いてあるのが臭うんですよねぇ。
入っちゃいましょう。
こんにちは。ずいぶん若いご主人ですね。
樋口
樋口です。中町で31年やっていて2代目を継ぎました。
古美術のお店って色々な骨董が所狭しと置いてあって、
なにを見たらいいのか分からないですけど、
落ち着いて目が慣れてくると面白いですね~。
樋口
どういったものが売れスジなんですか?
観光客の方には“焼き物”がよく出ますが、
普段は“お茶の道具”が売り物としてはメインですね。
樋口
そういわれるとお茶系の物が多い気がしますね。
樋口さんは実際お茶もされるんですか?
いえ、一切しません。
樋口
……あ、なさらないんですか?
でも、茶道具に関しての知識は身につけますよ。
この商売の醍醐味とはなんでしょうか?
一番嬉しいのは、自分がすごくいいなと思う品物を見つけた時に、
それを“世の中の誰かが欲しがっている”だろうとお客様をイメージすること。
そしてそれが売れた時ですね。
樋口
なるほど。同じ目利き、同じ価値観が
この世の誰かとシンクロするという事ですかね。
僕も自分のお気に入りを見つけました。この“熊の親子”です。
木彫りの熊でも親子っていうのは見た事無い!
しかもこの2匹の達成感のある表情がとても好きです!
樋口
珍しいですね、これは。この“鮭”比率的には超巨大ですよ。
確かに。では、
樋口さんの“これはと思うお気に入りの品”ってあるんですか?
(う~ん。としばらく悩んで)
この“根付け(江戸時代の煙草入れ)”と
“木彫りのえびす様と大黒様”ですかね。
根付けに入っている彫刻は眼球だけ違うパーツで出来ていたりして、
細かい仕事でとても凝っているんです。
樋口
樋口
木彫りはケヤキで出来ています。
名のある仏師の作品だと思うのですが、出来が凄くいいのに
“名入れ”をしていない。それがとても“粋”だと思いました。
あくまで個人的な好みですが。
確かにこの根付けの彫刻凄いですね。目玉が動きそう。
そういう見方もあるんですね。面白いなぁ。
ちなみに僕の熊はおいくらですか?
15,000円ぐらいです。
う~ん。考えておきます(笑)。
bg_shopinfo1_top

古美術 樋口

bg_shopinfo1_btm

実は、こんなにたくさんのお店がある“中町通り”。紹介させていただいたお店はほんの一部です。

閉じる