ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

松本からはじめる ひょいと信州旅歩き 松本城・中町 山岳地帯の城下町を歩く

まずは、中町MAPをゲット!

松本市の“中町”に来ました。蔵の町ですね。
お昼を食べてお腹いっぱいなので、散歩がてらぶらぶらしてみましょう。
中町MAP
まずは、こんなMAPを入手しました。宝探しの道標です。
午後は中町をゆっくり巡ってみることにします。
中町
江戸時代は呉服屋さんや酒蔵が立ち並んでいた通りだそうですが、
今は民芸品、和菓子、骨董、カフェなど新旧様々なお店が
入り交じり、松本の文化発信エリアにもなっているとのこと。
お、ランチで紹介した“カレーの店 デリー”ですね。
ここを起点に西から東(地図だと左から右)へと散策します。

絶品、MIYUKIDOの3層プリン。

さっそく蔵のデザインが目につく“菓子工房MIYUKIDO”が見えてきました。
あ、近くに来ると甘い香りがしますね~。
店内はケーキ生地の砂糖と卵の幸せな香りでイッパイです。
こちらがオーナー兼パティシエの大月さん。
MIYUKIDOさんは昔、和菓子屋さんだったとか?
MIYUKIDO
そうなんです。洋菓子が好きだったので、
東京でパティシエの修行をして、7年前に洋菓子を始めました。
昔は1日15個ぐらいウェディングケーキを作ってたんです。
スゴイですねー!
スイーツはどれも美味しそうですが、大月さんオススメをひとつ
いただいてもよろしいですか?
MIYUKIDO
日替わりのスイーツもよく出るのですが、
“蔵のプリン”を食べてみて下さい。
県内の牛乳と砂糖を厳選して作っています。
下の方に食べ進めていくと、味わいが徐々に変化していきます。
え? 3層それぞれ別の素材なんですか?
いえ、同じ素材ですが、仕上げる段階で3層に変化をつけているんです。


  • MIYUKIDO
  • MIYUKIDO
そんなことが出来るのですか。
たしかにこのプリン、なめらかで美味しいですが、食べていくうちに
味に深みが増していきますね。これは美味しい!
MIYUKIDO
コーヒーも美味しくて、ここはいきなりマッタリしちゃいますね。
bg_shopinfo1_top

菓子工房 MIYUKIDO

  • TEL:0263-32-3355
  • 住所:長野県松本市中央2-4-10
  • 10:00~19:00 水曜日定休
bg_shopinfo1_btm

唐獅子看板が粋な伊原漆器専門店

目立ちますね、唐獅子の看板。
見るからに歴史が深そうな佇まいのお店です。
明治40年から始めて、105年目になります。
MIYUKIDO
佐々木さんご自身はこのお店に携わってどのくらいなのですか?
昭和53年ですから、35年ぐらいですね。
それでもこのお店の歴史の1/3ぐらいですか。
MIYUKIDO
昔は2階に漆の職人さんがいて、制作もしていたのです。
いまは販売だけですが、木曽の漆をはじめとして
良質な品を日本全国から集めています。
MIYUKIDO
この独楽模様キレイですね。
FDAのカラフルな機体に似ているので、オミヤゲにしたいと思います。
ありがとうございます。
MIYUKIDO
“漆の器を選んで買う”ということ自体、あまりないので、
新鮮な体験です。これだけ色々な漆器が揃えてあると、
キチンと選んでみようと思いますね、ありがとうございました。
中町の地図って持っていますか?
持っていなかったら便利なのでどうぞ。
ありがとうございます!
(実は冒頭の地図、伊原漆器さんでいただいたものでした。
中町・蔵シック館や中町蔵のある駐車場でもゲットできるそうです)
どのお店もみなさんいい人ばかりで、ついつい腰を下ろして
長話したくなってしまいます。
でも、どんどん中町に分け入っていきましょう。
bg_shopinfo1_top

伊原漆器専門店

  • TEL:0263-32-0449
  • 住所:松本市中央2-10-16
  • 休み:水曜(祝日の場合は営業、1月1日休)
  • 営業時間:9:30~18:30
bg_shopinfo1_btm

実は、こんなにたくさんのお店がある“中町通り”。紹介させていただいたお店はほんの一部です。

閉じる