ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

松本からはじめる ひょいと信州旅歩き 松本城・中町 山岳地帯の城下町を歩く

歴史ある町の、歴史あるランチ

さてさて、松本城を見学した後はお楽しみのランチです。
信州・松本といえば“蕎麦”が有名ですが、今回は禁じ手。
「蕎麦ばかりが信州じゃない!」というわけで、
古くから地元の人に愛されている老舗で、
かつ美味しいと評判のお店をリストアップしました。

懐かしのカレーは庶民の味方
“カレーの店 デリー”

“カレーの店 デリー”は開店して42年目という老舗のカレー屋さん。
風格ある外観は、明治時代の風格を放つ蔵づくり。
  • デリー
  • デリー
  • デリー
  • デリー
  • デリー
  • デリー
  • デリー
店内に入ると、民芸調の美しい装飾に目を奪われます。
昭和のはじめ松本に起こった“民芸運動”の
先導者でもあったデリーご主人のお父上“三代澤本寿さん”の
作品が店内の要所にさり気なくあしらわれているのです。
マッチひとつまで凄く美しい!
  • デリー
  • デリー
メニューを見ると、どれも1,000円以内でホッとします。
これは“インドチキンカレー”。
専門店らしく、ルーとライスは別々に出てきます。
“インド”と銘打たれているものの、
「ウチのカレーは家庭の味の延長にあるカレーです」と、おかみさん。
  • デリー
  • デリー
  • デリー
  • デリー
香り高いスパイスだけど、まろやかな味で、スプーンが止まりません。
箸休めが“紅ショウガ”という意外なマッチングもグッド。
あっという間に完食しちゃいました。
それにしてもあと引くなぁ~。このなんとも言えず“心休まる味”。
ファンが多いのも頷けます。
ランチタイムは地元の常連客で毎日大盛り上がりだとか。
  • デリー
  • デリー
松本の工芸美に彩られた店内。
そして、42年のあいだ毎朝7時から仕込まれ続けている変わらぬ味のカレー。
初めての町、初めての食事で心から安堵できる名店に出会いました。

進化する時代遅れの洋食屋
“おきな堂”

またまた松本の歴史を深く刻んだお店に御邪魔しました。
“おきな堂”さん。1933年創業で、今年の10月でなんと80周年!
そして、玄関マットに大きく“時代遅れの洋食屋” の文字。
これは期待大です。
  • おきな堂
  • おきな堂
  • おきな堂
店内はこれまたレトロ&シック。
クラシックがかかり、モノクロ映画のチャップリンが無声映画よろしくずっと流れています。
完全にタイムスリップですね。ここは。
  • おきな堂
  • おきな堂
  • おきな堂
  • おきな堂
さっそく地元でも有名な“バンカラカツカレー”を注文したいところですが、
オーナー木内さんのオススメは“ハヤシライス”。
「うちはたっぷり時間をかけた料理が自慢ですから、
まずはその信条が凝縮された一品を試してください」とのこと。
スパイスと野菜を6日間も煮込み、
漉してから7日目に牛バラを投入してさらに煮込む
そのデミグラスソースをベースにメニューを展開する“おきな堂”の神髄。
  • おきな堂
  • おきな堂
そのハヤシライスは超絶旨い。
野菜から出る甘さとリッチな肉汁が溶け合い、
長時間の煮込みが育んだ奥行きのある味は絶品!
このソースが他の料理にも応用されていると聞けば、
迷わずに片っ端から試してみたくなります。
おきな堂
食後には今年の1月に完成したばかりのプリンを是非召し上がってみてください。
しっかりとした卵風味に絡まる香ばしく焦げた苦甘カラメル。
長野産の牛乳を使って「懐かしい味を追い求めた」というこの一品は、
確かに“記憶を呼び覚ますプリン”です!
美味しい洋食&懐かしいデザートによる最強コンボを堪能させていただきました。
おきな堂
「野菜も料理も時間をかけて育てていきたい」と話す木内さん。
聞けば、自分の畑で育てた野菜をお店の料理に活かしているそうです。
松本の古い歴史と新しい歴史を同時に感じることができる希有な名店。
まいりました!

確かな味で歴史を語る
うなぎ “まつか”

松本の食にまつわる口コミの中でも絶大な支持を得ているのが、うなぎの“まつか”。
まつか
古い日本家屋を入ると、なんだか田舎の親戚の家にでも上がりこんだような風情。1階と2階に部屋があるんですね。

メニューはシンプルで、4種のみ。
天気のいい日は鰻弁当持って松本城でランチ……なんていうのもオツですね。
(でも、良いうなぎが入らないとお店を開けないこともあるとのことなのでご注意を)
鰻は注文を受けてから、さばいて、焼きに入るらしく、
じっくり待つ間に熱燗1本とか、絶妙にアリです。
まつか
40分ほど待つと、両脇に漬け物と肝吸いを従えてお出ましになる
シンプルなどんぶり。強力なオーラがあります、この佇まい。
  • まつか
  • まつか
  • まつか
  • まつか
  • まつか
で、蓋を開けると、キラキラに輝く鰻が2切れ。
少しラフな乗っかり方がこのうな丼に絶妙にマッチしているんです。
まるで「お行儀良く食べるなよ」って言われているかのよう。
お味の方は、ひと口目からノンストップ間違いなし。
蒸して焼く関東のスタイルだから、身から出てくる旨味と
少し甘みのあるタレが口の中でああなって、こうなって……。
まさに美味しさのパニック状態です。

そうそう、営業時間が“午前11時半よりうなぎ売り切れる迄”
というのは重要な情報。
店内は事情通と思しき地元のお客さんが
入れ替わり立ち代わりで、賑わっています。
美味しくて、雰囲気が良くて、値段もリーズナブル。
こんなバランスの良いうなぎ屋は滅多にありません。
こういう老舗をさり気なく懐にかかえている松本、いや本当に深い。

さぁ、どこでお昼を食べましょうか

  • カレーの店 デリー
    カレーの店 デリー
    長野県松本市中央2-4-13
    TEL 0263-35-2408
    11:00~17:00
    (ランチ営業、日曜営業)
    [水曜定休]
    このお店のWEBサイトへ
  • 洋食レストラン&喫茶 おきな堂
    洋食レストラン&喫茶
    おきな堂
    長野県松本市中央2-4-10
    TEL 0263-32-0975
    9:00~20:30L.O(月~土)
    9:00~18:00L.O(日・祝)
    [年中無休]
    このお店のWEBサイトへ
  • うなぎのまつか
    うなぎのまつか
    長野県松本市中央3-2-29
    TEL 0263-32-0747
    11:30〜
    (うなぎが売り切れるまで)
    [木曜定休]
しかし悩むなぁ。胃袋はひとつしかないし……。
そう、こういう時はベーシックにアミダくじで決めるに限ります。

実は、こんなにたくさんのお店がある“中町通り”。紹介させていただいたお店はほんの一部です。

閉じる