ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

8:15発FDA名古屋小牧⇒新潟便で行く ひょいと新潟 雪涼ひんやり夏の旅

このページは1泊2日1日目の行程です 1泊2日2日目の行程を見る

雪で甘くまろやかに熟成!?先人たちの知恵“雪室”体験

1日目 11:05~

青く輝く日本海を眼下に眺めながら新潟空港に着陸したら、レンタカーで南魚沼市へ出発!‘魚沼の里’で、米処・酒処として知られる魚沼の暮らしと食文化を体感しよう。ひんやりと冷たい“雪室”は、雪国ならではの先人たちの知恵。日本酒や根菜を雪温貯蔵し、熟成保存すると旨みが増してまろやかな味わいになるのだとか。2013年7月にオープンしたばかりの‘八海山雪室’で雪中貯蔵庫を見学した後は、‘雪室千年こうじや’で雪温熟成された味わいを堪能。お腹がすいたら、八海山のふもとにわき出る名水を使った手打ちそばはいかが?

写真:八海山雪室 写真:手打ちそば

写真:雪室千年こうじや 料理

魚沼の里

旬の朝採り野菜やおふくろの味をのんびり楽しむ道の駅のひととき

1日目 13:35~

ドライブの楽しみのひとつは、道の駅。ふらりと立ち寄って地元の方とおしゃべりを楽しみながら、ほっとひと息つきましょう。‘道の駅 瀬替えの郷せんだ’には、旬の朝採り野菜やお漬物・みそなどの手作り加工品が並びます。どこか懐かしいおふくろの味は、お土産にもおすすめ。

写真:道の駅瀬替えの郷せんだ外観

道の駅 瀬替えの郷せんだ

雪国ならではの真夏の雪体験!キンと冷える5℃の世界

1日目 15:40~

「夏なのに雪!?」と思わずびっくり。雪国・新潟で真夏の雪体験。‘キューピットバレイ’名物‘雪室コンビニ レルひや’が、7月末から8月末(開催期日については要確認)までオープンします。およそ1,500tもの雪が貯蔵されている雪室は、なんと5℃前後。地元産の新鮮な野菜やフルーツ、お米、地酒などが並んでおり、キンと冷えたトマトやキュウリを丸かじりすれば、おいしさも倍増。また、安塚に棲む昆虫の標本や生体が展示された‘ふれあい昆虫館’では、おおそ21.2℃という“雪冷房”の心地よさも体感できます。 菱ヶ岳から湧き出る露天風呂に浸かり、涼風の中満天の星空を愛でる‘雪だるま高原’の夜は最高!

写真:ふれあい昆虫館 写真:雪だるま高原

写真:雪の宅配便

雪だるま高原 キューピットバレイ

2日目へ

名古屋小牧空港発新潟空港着のお得なフリープランはこちら