ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

8:05発 FDA名古屋小牧⇒新潟便で行く ふわり宙(ルビ:そら)散歩と越後グルメ秋旅

このページは1泊2日1日目の行程です 1泊2日2日目の行程を見る

標高差771mの紅葉を一望 新潟屈指の眺望を独り占め

1日目 11:00~

越後三山のひとつに数えられる八海山は、新潟でも屈指の紅葉スポットとして知られています。4合目まで毎秒10mのスピードでぐんぐん登るロープウェイで空中散歩。ふわりと宙に浮かんで下界を見渡せば、見渡す限り美しい紅葉が拡がります。山頂駅は標高1,147m、色とりどりに染まる木々を眺めつつ、遊歩道を散策しながら山頂展望台まで行けば、360度の大パノラマで上信越の山々が……。お楽しみはここでいただく艶々のおにぎりと熱々のきのこ汁。秋風で冷えた体を芯から温めてくれます。ベンチに座って大自然のパワーに癒やされるひとときです。

写真:山上からの景色 写真:おにぎりときのこ汁 写真:やまめの塩焼き

写真:紅葉したもみじ

八海山ロープウエー

冬の使者がやってきた 優雅に泳ぐ白い貴婦人たち

1日目 14:40~

毎年5,000羽を超える白鳥が飛来する瓢湖へ。ここは世界的に重要な湿地およびそこに棲む動植物を守るために採択された“ラムサール条約”に登録されています。白鳥たちはまだ朝もやが立ち込める頃にエサを求めて飛び立ち、湖が夕日に染まる頃にまた瓢湖へ帰ってくるのだとか。目前を滑空する白鳥は、想像よりもずっと大きくてびっくり! 湖面に着水して優雅に泳ぐ姿は、自然と共生することの大切さを教えてくれます。

瓢湖

写真:瓢湖

写真:白鳥

ノドグロ、寒ブリ、南蛮エビ! 佐渡沖産の“お宝”を地酒といただく

1日目 16:15~

瓢湖から車で約35分、新潟駅まで戻ってきたら早目に宿泊施設へチェックイン。荷物を部屋に放り込んだら、いよいよお楽しみ“越後秋グルメ”の時間です。豊饒の海=佐渡沖から水揚げされた魚介は脂が乗って旨みもたっぷり。冷え込む季節には、ノドグロ、寒ブリ、南蛮エビの3点セットはマストです。地酒も初秋の冷おろしを皮切りに季節限定の銘酒がズラリと並びます。一献交わしながらゆったりと旅の宵を満喫しましょう。

新潟駅周辺オススメ飲食店

旬魚酒菜 五郎

新潟駅周辺オススメ宿泊施設

新潟東急イン

万代シルバーホテル

チサンホテル&
コンファレンスセンター新潟

写真:焼き魚 写真:刺身 写真:日本酒

2日目へ

名古屋小牧空港発新潟空港着のお得なフリープランはこちら