ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいと高知 こじゃんと土佐マルシェは自由やき

1泊2日1日目の行程を見る このページは1泊2日2日目の行程です

2日目 9:40~

高知城下を埋め尽くす土佐の日曜市

日曜の朝は高知市内へ戻って、江戸時代から300年以上続く『日曜市』へ出かけましょう。何を隠そう、この高知『日曜市』は歴史も長さも日本一! 400以上もの露店が高知城下の追手門筋およそ1.3㎞を埋め尽くします。一般的な朝市と違って早朝から夕方まで開かれるので、地元はもちろん、遠くからわざわざ足を運ぶ常連さんも多いそうです。

ここでは、フルーツトマトや四角い切り口がおもしろい四方竹、天日干しで仕上げるチリメンジャコなど、旬な高知の食材がほとんど手に入るといっても過言ではありません。食べ物だけでなく、伝統工芸の土佐打刃物や骨とう品、植物など多彩な商品がずらりと並ぶのも特徴です。土佐の文化を丸ごと体感できるのが『日曜市』の醍醐味ですね。

高知のB級グルメ作りたて勢ぞろい!

ずらりと並ぶ出店をひやかしながら、ぶらり歩いて行くと、辺りに漂うおいしそうな匂いに引き寄せられます。匂いの元を鼻でたどれば、そこには案の定、行列が……。おっ、熱々の“イモ天”ですね。昔懐かしい“アイスクリン”やショウガの風味が効いた“冷しあめ”も人気のようです。高知旅の思い出に、四季折々の野菜をネタに握った“田舎寿司”を機内のお楽しみに買い込んだら、さぁ、高知龍馬空港へ向けて出発です。

日曜市

春の見どころ「馬路村名物・ユズの花」(5月中旬~下旬)


食べるだけじゃない 白い花々の美しい競演

ゴールデンウイークが終わり、爽やかな初夏の風が吹き始めるころ、馬路村にはユズの白い花が咲き誇ります。5月下旬には見ごろを迎えると、ユズの花びらの“収獲”がスタート。花びらは化粧品などの原料になるため、最も美しいこの時期に摘まれるのです。ウツギやエゴノキの花も同時に満開のタイミングを迎え、村全体が白く彩られる美しいシーズンが到来します。

  • 高知県安芸郡馬路村一帯
  • TEL:0887-44-2333
    (馬路村ふるさとセンター まかいちょって家)
  • >>公式サイトはこちら

1日目へ

名古屋小牧空港発高知龍馬空港着のお得なフリープランはこちら

スケジュール

1日目

2日目


※掲載内容は、2014年7月30日現在の
  運航ダイヤおよび各種情報です。