ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいと高知 こじゃんと土佐マルシェは自由やき

このページは1泊2日1日目の行程です 1泊2日2日目の行程を見る

高知龍馬空港へ到着したらレンタカーでGO!

1日目 12:25~

空港から桂浜方面へ車を走らせること約30分。安全安心とエコにこだわった全国でも珍しい『高知オーガニックマーケット』へ直行!

ひょいたレンタカー

高知発!オーガニックマーケット

1日目 12:50~

毎週土曜は『高知オーガニックマーケット』の開催日(8:00~14:00、7~8月は正午まで)。県道14号から少し外れたのどかな田園地帯にある高知県立池公園には、家族連れやカップルが早朝から続々と集ってきます。このマーケットは全国でも珍しい“有機農産物・無添加加工品・手作り工芸品のみを扱う定期市”として話題を集めており、来場者の3~4割は県外からという驚くべき集客力を誇っています。入口に設置された黒板を見れば、その日、誰がどこから来たのか一目瞭然。自己申告で一票入れたら、貴方はもう“オーガニックマーケット村”の一員です。

安全安心にこだわった野菜や果物、無添加のお菓子、天然酵母のパンから昔ながらの木のおもちゃまで、バラエティ豊かな商品が軒先を彩っていますが、どれも近隣の生産者や職人が作ったものばかり。店主とお客さん、双方とも自然や健康への意識が高いせいか、気づけば、あちこちで楽しそうなおしゃべりの輪ができています。毎週1週間分の食材を調達しに来るという食品アレルギーの方。オーガニックマーケットで開かれるワークショップを通じて“丁寧に暮らす”ことの楽しみを知り、県外から足を運んでくる方。食を通じた何気ない語らいの中に、食生活や暮らしそのもののクオリティを高めるヒントがあり、それが参加者の間でゆるやかに共有されていく。『高知オーガニックマーケット』は、そんな素敵な繋がりが生まれる場なのです。

大人から子どもまで大満足おにぎりのおいしさを再認識

お腹がすいたら、これまた手作りの美味しそうなメニューをつまんでのランチタイム。山菜を混ぜ込んだおにぎりに、旬の魚のつみれ汁を組み合わせていただくのが、このマルシェのお楽しみです。食後には香り高いオーガニックコーヒーが待っていますよ。

高知オーガニックマーケット

  • 高知県高知市池 高知県立池公園
  • TEL: 088-840-6260
    (高知オーガニックマーケット出店者組合)
  • >>公式サイトはこちら

1日目 15:55~

なんもないけど“愛”がある馬路村へ

マルシェの会場、高知県立池公園から車でおよそ1時間45分。アユ釣りで有名な清流・安田川を車窓越しに眺めながら、上流へとさかのぼっていきましょう。

くねくねと細い道が続きますが、時折路肩に案内標識が登場するのでご安心を。その道を突き抜けた“なんにもない”山の中に次の目的地、馬路村があります。

人口1,000人足らずのこの村にあるのは、山と川、そして特産のユズです。春の馬路村を歩いていると、白いつぼみをたわわに付けたユズの木立をあちこちに見ることができます。『桃栗3年、柿8年、ユズの大馬鹿18年』という言葉があるほど、ユズの栽培には時間と手間がかかるのだとか。馬路村は、村民が時間と手間をかけて大切に育てた有機栽培のユズをそのまま出荷するだけでなく、ドリンクや調味料、入浴剤、化粧品などに加工して、村のブランドバッジをつけて販売する“おらが村方式”によって成功を収め、全国的に有名になりました。ユズはこの“村の宝”なのです。

馬路の合言葉は『ごっくん』村の小路をてくてく散歩

馬路村に到着したら、まずはユズの加工場がある『ゆずの森』へ行ってみましょう。ここでは馬路村の製品を代表するユズドリンク『ごっくん』の製造工場も見学できます。小さなプラントから続々と生まれる商品を見ていると、ここが山間の小さな村だということを忘れてしまいそうになるほど。見学後にいただいた出来たてのユズドリンクは、柔らかい酸味とハチミツの甘みのバランスが絶妙で、とてもいいお味です。出来たては隣接する直売所で購入できます。

馬路村は、独力による村おこしの成功例として、国内のみならず海外からも多くの視察団が訪れる注目のスポット。増え続ける観光客をもてなそうと、日曜・祝日には村内をガタゴト走る小さな蒸気機関車『馬路森林鉄道』や、水力を利用したケーブルカー『インクライン』も運行しています。かつて村を支えた財産を現在に生かす知恵が、新しい馬路村の魅力を作り始めているのです。

馬路村

  • 高知県安芸郡馬路村一帯
  • TEL:0887-44-2333
    (馬路村ふるさとセンター まかいちょって家)
  • >>公式サイトはこちら

1日目 17:30~

とろ~り寛ぎの湯気持ちえい!馬路温泉

せっかく馬路村を訪れるなら、村民の憩いの場にもなっている『馬路温泉』に泊まってみましょう。荷物を置いたら早速温泉をいただきます。安田川越しの深い山並みを眺めながら、少しとろみのあるお湯に肩まで浸かれば、う~ん、極楽、極楽。お湯が肌にまとわり付くような湯触りがいい感じです。湯上がりには、地元の鶏卵で作る濃厚な『馬路温泉前駅プリン』とユズドリンクで作ったソフトクリームをいただいちゃいましょう。レストランへと続くウッドデッキで湯上がりの肌を冷ましていると、いつしか深い山並みに夜の帳が下りてきます。

お楽しみの夕食は、アメゴをはじめとする旬の川魚や山菜をたっぷりといただきます。川のせせらぎとカジカの鳴き声が、まるで心地よいBGMのよう。森に抱かれた馬路村の静かな夜を、さあどのように楽しみましょうか。

コミュニティセンターうまじ
馬路温泉

冬にはユズ風呂、5月ごろからバラ風呂と、季節限定のお風呂も登場。

馬路村の山の幸がたっぷり入った『馬路温泉前駅弁当』は日曜・祝日のみ限定10個販売されます
(平日は要予約)。

2日目へ

名古屋小牧空港発高知龍馬空港着のお得なフリープランはこちら

スケジュール

1日目

2日目


※掲載内容は、2014年7月30日現在の
  運航ダイヤおよび各種情報です。