ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいとロケなび「ただならぬ名古屋へ」|青森テレビ × FUJI DREAM AIRLINES

File#14 中部随一のパワースポット。趣き深い“お伊勢さん”参りへ。『伊勢神宮』

「一生に一度はお伊勢さん」と謳われた“ニッポンの聖地”‘伊勢神宮’へ―。県営名古屋小牧空港からおよそ2時間で伊勢市に到着!‘伊勢神宮’には、内宮(ないくう)と外宮があり、始めに外宮から“参宮”するのが習わしです。大人から子どもまで鳥居の前で一礼し、神様が鎮座なさっている正宮に向かいます。神聖な空気に包まれ、思わず背筋もぴしっ!と伸びる!?

車で約10分ほどで内宮へ。大きな鳥居に一礼して進むと、内宮の玄関口‘宇治橋’が待っています。 この橋を渡ると空気がいっぺんに変わり、神様の大きな懐に抱かれているような尊い気持ちになるから不思議。 透き通る‘五十鈴川’のほとりで手を清めたら、正宮へ向かって出発!  

‘伊勢神宮’は平成25年、20年に一度の ‘第62回式年遷宮’を迎えます。およそ2,000年前から絶やすことなく受け継がれてきた‘式年遷宮’は、全ての社殿を建て替えて神様に引っ越していただく大祭です。現在の正宮の隣にある御敷地(みしきち)には真新しい御正殿を建築中です。

20年の時を経た社殿の趣きは、遷御(せんぎょ)の前にしか見ることができない風情です。正殿の前に立ったら二拝二拍手一拝が、お参りのマナー。白い‘御幌(みとばり)’がふわりと風で動けば、神様に気持ちが伝わったようでなんだかうれしくなります。内宮に参拝した後は別宮めぐりもお忘れなく。神宮の森の中に佇むだけで心が穏やかに澄み渡っていくようです。

伊勢神宮

TEL
0596-24-1111(神宮司庁)
営業時間
5:00〜18:00
(1~2月は17:30まで、5~8月は4:00~19:00、11・12月は17:00まで)
定休日
水曜
駐車場
あり
住 所
(内宮)三重県伊勢市宇治館町1
(外宮)三重県伊勢市豊川町
【交通アクセス】名古屋小牧空港より車で名古屋第二環状自動車道から東名阪自動車道、伊勢自動車道経由約2時間