ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいとロケなび「ただならぬ名古屋へ」|青森テレビ × FUJI DREAM AIRLINES

File#11 “手羽先”でもなく“みそカツ”でもない辛〜い名古屋めし“台湾ラーメン”発祥の店。『中国台湾料理 味仙』

名古屋を訪れたら、とりあえず“名古屋めし”を押さえておきたいところです。いろいろな名古屋めしがありますが、今回、佐藤アナを待っていたのは、辛~い名古屋めし。台湾ラーメンです。

名古屋で台湾?と、ちょっと不思議なのですが、名古屋人なら誰もが知っている中華料理店‘味仙(みせん)’に行って謎が解けました。

‘味仙’は、台湾ラーメンは発祥の店だったのです。
「元は、台湾料理の台仔(タンツー)麺をアレンジした“まかない飯”だったんです」
と話すのは、今池本店の店長・川野さん。
このまかない飯をメニューにしたら?という友人の言葉でメニューに出したら、大ヒット!
瞬く間にクチコミで広がって、人気メニューとなったそうです。人気は広がり、
名古屋市内の約400軒のラーメン専門店の半数以上が“台湾ラーメン”という同じ名前でメニューに出し、
台湾ラーメンが名古屋めしとなったというわけです。

佐藤アナの口に入れた後の第一声は、「辛っ!」。一気に涙目に!
スープに辛味はなく、たっぷりとのったひき肉が辛い!
しかし、辛いけどはしが止まらない、とカメラが回っていない間も食べ続け、見事完食!
「一口食べさせて」と、味見をした辛いものが苦手なディレクターH氏は、
たった一口で真っ赤な顔になり、汗が滝のように吹き出ていました。

「アメリカン」と注文すると出てくる裏メニューがあります。それがコレ、辛いひき肉少なめの台湾ラーメンです。「辛さが“薄くて”アメリカン」なのだそう。常連客が名付けたのだとか。

それを知った佐藤アナ、 「名古屋めし、台湾ラーメン、アメリカン・・・もうわけ分かんないですっ!」。

また味仙は、通常の台湾料理もおすすめです。
取材後にいただいたメニューの数々。どれも美味。
名古屋ならではの台湾の味を楽しめます。

中国台湾料理 味仙 今池本店

TEL
052-733-7670
営業時間
5:30~翌2:00
定休日
なし
駐車場
あり
住 所
愛知県名古屋市千種区今池1-12-10
【交通アクセス】名古屋小牧空港より車で名古屋高速1号経由約25分