ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいとロケなび「ただならぬ名古屋へ」|青森テレビ × FUJI DREAM AIRLINES

File#10 「まっくろくろすけ、でておいで〜」あの人気アニメの舞台をリアルに再現。『サツキとメイの家』

名古屋小牧空港から名古屋第二環状自動車道を経由して車で約30分。2005年に開催された‘愛・地球博’の長久手会場の跡地に開設された公園‘愛・地球博記念公園’へ向います。今回の旅の目的地は、この公園内にある、映画‘隣のトトロ’の中で登場する姉妹の家をそのまま再現した‘サツキとメイの家’。園内の小道をガイドさんに案内してもらい歩いて行くと、スクリーンの中で見ていたあの家が目の前に出現!佐藤アナは大興奮!

万博で展示するにあたり、宮崎駿監督の長男・吾朗氏が全体の監修に関わったというだけあって、
細部にわたるまで抜かりのないこだわりように驚かされます。
お母さんが退院してみんなが仲良く暮らしている劇中一年後を設定したつくりで、
家の中には昭和30年代の品々が約5000点!当時の暮らしを忠実に再現してあり、
実際に人が住んでいそうな生活感が満ち溢れています。

映画の中で小学4年生だったサツキのランドセルの中には、一年後の設定なので小学5年生の教科書が入っていました。
机の中もふでばこの中も全て本物のリアルな30年代の品々が詰まっています。

書斎の壁にかかっているカレンダーも、月が変わるごとに変えられるそうで、その徹底ぶりに感服!
お父さんの作業途中のデスクの上は見事。ちょっとトイレに席を立った後のよう。

スタッフ・水野泰三さんの話を聞けば聞くほど、細部のこだわりっぷりを見つけることが楽しくて仕方ありません。

サツキとメイが「腐ってる~」と揺らした柱、お父さんの下駄や自転車、
みんなの笑い声が聞こえてきそうな茶の間、メイが潜りこんでいた床下の穴・・・。
靴箱の中には家族の靴が並ぶ中に、二人の長靴も!
見ればみるほどに佐藤アナの興奮はヒートアップ!

完全に気分をジブリの世界に持って行かれた佐藤アナは、
「まっくろくろすけ、でておいで~。でないと目玉をほじくるぞ~!」と、
叫ばずにはいられなかったのでした。

愛・地球博記念公園
「サツキとメイの家」

TEL
052-561-7290
営業時間
[公園]
4月~10月 8:00~19:00
11月~3月 8:00~18:30
[サツキとメイの家]
9:30~16:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌日、春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜も開館)
入場料
[個人]大人500円、
4歳以上~中学生以下250円
[団体(20名以上)]大人400円、
4歳以上~中学生以下200円
駐車場
あり
住 所
愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
【交通アクセス】車で名古屋小牧空港より名古屋第二環状自動車道経由、約30分