ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいとロケなび「またまた ただならぬ名古屋へ」|青森テレビ × FUJI DREAM AIRLINES

File#08 そこのけそこのけ信長さまのお通りだ!平成の安土城でお殿様に変身。『伊勢安土桃山文化村』

伊勢安土桃山文化村外観と再現された安土桃山時代の街並み

『志摩地中海村』そして『志摩スペイン村』と異国情緒を満喫した取材班は、伊勢・志摩3つ目の村である『伊勢安土桃山文化村』へ向かいました。

こちらは織田信長が築城した『安土城』を中心に、洛中洛外や楽市楽座、戦国砦など安土桃山時代の街並みを時代考証に基づいて再現したテーマパーク。伊勢・志摩エリアは、地中海、スペイン、そして安土桃山時代と、まるでタイムマシーンに乗って旅をしているような場所なのであります。

村内を案内してくださるのは広報担当の斉藤さん。「はじめまして」と、いきなりちょんまげ姿で登場です。斉藤さんはステージショーの役者としても活躍されているそうです。

ちょんまげ・着物姿で案内する広報担当の斉藤さん
変身写真館にはたくさんの着物が並び様々な仮装ができる。甲冑姿の信長に変身した勇ましい佐藤アナ

最初に案内されたのが、入口左手にある『変身写真館』。安土桃山時代を再現した衣装がズラ~リ100種類以上並んでいます。ここで仮装して写真撮影をしたり、そのまま村内を闊歩できると聞き、さっそく体験してみることに。お姫さまに町娘、花魁、くノ一といった女性用の衣装を前に「何に変身しようかな~♪」と、うかれ顔の佐藤アナウンサー。華麗なお姫さま姿に変身かと思いきや、なんと甲冑姿の信長に! 「でも……なにか足りない?」というわけで、トレードマークの髭を描いてもらって完成です。さすが佐藤アナ、何でも着こなしますね~。あっぱれ!

安土城外観と壁も天井も金色に輝く黄金の間。天守閣からは伊勢湾が一望できる

さて、信長に変身した佐藤アナですが、道すがら、かしずく村民たちに「青森テレビの佐藤で~す」とにっこり笑顔で素の自己紹介をするのはご愛嬌。琵琶湖の近くにあったという『安土城』が、伊勢・志摩の山中に復元されているという違和感はありますが、でも立派なお城です。絢爛豪華な『黄金の間』は、部屋中に金箔が貼りつめられ、まばゆいばかり。 天守閣は、美しい伊勢湾が一望できる絶景スポットで、そこにはまるで本気で天下統一を狙っているかのように眼下を泰然と見下ろす佐藤アナの姿がありました。

甲冑姿で城へ上がった佐藤アナ
怨霊首無寺の前で刀を抜き、ディレクターに迫る佐藤アナ

最後に訪れたのは『怨霊首無寺』。ここは戦乱の世に散った武将たちの怨念が宿るといわれる寺仕立てのお化け屋敷で、「リアルすぎて本当に怖い」ともっぱらの評判。さっそく信長に扮した佐藤アナに体験してもらおうとしましたが、何やら怖じ気づいている様子。ディレクターがしつこく迫っていると……あっ、怒りだした佐藤アナがついに刀を手に!

佐藤:「エイヤ~!」
ディレクター:「殿、おやめください~」

とまあ、笑いあり、涙あり? の人情テーマパーク『伊勢安土桃山文化村』は、見どころ(ツッコミどころも)満載です。

不機嫌顔の佐藤アナ

伊勢安土桃山文化村

TEL
0596-43-2300
駐車場
あり
住 所
三重県伊勢市二見町三津1201-1
【交通アクセス】名古屋小牧空港より車で約1時間50分

#08
伊勢 志摩編 ~その参~
伊勢 安土桃山文化村