ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

File#01 お城マニア歓喜。400年の時空を超えて戦国時代へタイムスリップ。『国宝 犬山城』

FDAで名古屋小牧空港に着きまず向かったのは‘犬山城’。「えっ、どうして名古屋城じゃないの?」といぶかしげな佐藤アナウンサーですが、何と言ってもここは国宝四城の一つ。現存する日本最古の天守閣を見ることができるのです。400年以上もの時を越えて、かの豊臣秀吉も訪れた同じ場所に立つことができるなんて、まさにタイムスリップ!

積み上げられた石垣と太い梁(はり)に支えられた天守閣。急勾配の階段を上って城主の間‘上段の間’へ。書院造りで格式高く設えられ、周囲を武者走りと呼ばれる廊下がとり巻いていました。そしていよいよ最上階の望楼(ぼうろう)へ。

濃尾平野の眺望を一人占めするような望楼。「晴れた日には対岸の奥に岐阜城も見えるんですよ」と
犬山市観光協会の国持さん。ぐるりと廻廊(まわりえん)を回れば小牧城も望むことができると聞いて、
ここが“国取り”の要衝だったことを体感できます。

眼下には城内から城下町界隈を一望。柵やネットが張り巡らされた城が多い中で、かつての城主たちと同じように風景を楽しむことができるのも‘犬山城’の魅力の一つ。戦国時代、武将たちが行き交った姿が目に浮かぶようです。

望楼からの大パノラマ!木曽川の向こうは美濃国(岐阜県)です。
木曽川を天然の外堀として城を建てたことが分かります。当時は馬に乗って攻め入ってくる
敵の姿も見えたのかもしれません。

対岸から見る‘犬山城’は凛として、国宝ならではの重厚な佇まいです。
城を満喫した佐藤アナウンサーもすっかり戦国時代のお姫様気分。名古屋小牧空港から車で約45分。
せっかく名古屋に来たなら本物のお城へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

国宝 犬山城

TEL   0568-61-1711(犬山城管理事務所)
営業時間 9:00~16:30(閉門は17:00)
定休日  12月29日~31日
駐車場  あり
住 所  愛知県犬山市犬山北古券65-2

【交通アクセス】 名古屋小牧空港から国道41号を右折。名古屋高速11号を小牧方面へ。小牧北出口を降りて、国道41号をおよそ7.5km直進し、左折して県道27号へ。案内看板に沿い約4kmで到着。

国宝 犬山城Webサイトへ