ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

りんごの温泉

りんごの温泉 青森

お風呂も料理も「りんごづくしの宿」
南田温泉「ホテルアップルランド」

湧き出た水が不思議と温泉に

青森ならではの温泉といえば南田温泉「ホテルアップルランド」をおいて他にありません。

平地から山側まで見渡す限りりんご畑が広がっている平川市。この一帯は、青森県りんご品評会で農林大臣賞を毎年受賞しているほどりんごを盛んに生産している地域としても知られています。

このリンゴの産地のど真ん中にある南田温泉「ホテルアップルランド」は1972(昭和47)年に創業。りんご問屋を営む葛西甚八氏が、冬場の作業で社員たちに寒い思いをさせないために温泉を掘ろうと思ったのが始まりでした。

しかし、やっとの思いで750メートルボーリングして湧き出たのは水。さらに嫁婿が交通事故で亡くなるという不幸が重なります。ところが温泉を諦めかけたその時、湧き出ていた水が、不思議にも温泉へを変わったのです。「これは仏になった嫁婿のおはからいだ」と葛西氏はずっと信じていたそうです。
苦労をして湧出させた湯量は、毎分250リットル。この豊富な湯量を利用して、地域住民の保養と観光やリンゴ産業の振興のために建てたのが「南田温泉」だったのです。南津軽と田園地帯にある温泉ということからそう名付けたといいます。
創業したその10年後、新館を建てた屋上に左手にりんごを持った高さ16・5メートルのりんご大観音像を建立。大観音の体内には、十二支別守り本尊・子安観音が安置され、これは嫁婿の弔いと、周囲のりんご畑を天災から守って欲しいとの願いが込められているといいます。さらに、1996(平成8)年には5階建ての新館「花館(はなやかた)」をオープン。

りんご王国ならではの醍醐味

入り口のりんごを模したアーチをくぐると、敷地面積約2万坪という広さの中に約180台の駐車場、そして宿のシンボルであるりんご大観音像が見えてきます。BGMが静かに流れるロビーラウンジ。県外からの観光客にも楽しんでもらえるようにとフロント横にはねぶたが展示され、館内に一歩踏み入れただけで、安らぎ感とワクワク感が高まってくるのです。

浴場は貸切風呂の「奥入瀬」、大浴場の「苹果(ひょうか)の湯」、「満天の湯」の3つ。「満天の湯」は源泉に一番近いことから、成分が濃く残っているのだそうですが、満天の星空を眺めながら浸かる露天風呂は魅力。しかし、何よりも嬉しいのは、「苹果の湯」にある内風呂と露天風呂。「苹果」とはりんごを意味するのですが、その内風呂と露天風呂にはたくさんのりんごが浮かび、りんご王国・津軽ならではの醍醐味が味わえるのです。

奥入瀬

奥入瀬

苹果(ひょうか)の湯 内風呂

苹果(ひょうか)の湯 内風呂

苹果(ひょうか)の湯 露天風呂

苹果(ひょうか)の湯 露天風呂

満天の湯

満天の湯

雪見をしながらお湯に入っていると、りんごがぷかぷかとそばに寄ってきて、フワッと香ばしい香りを漂わせ何とも言えず、思わずかじってしまうお客さんも。お湯はPH値が高いアルカリ性でツルツル感があることから、「美人の湯」ともいわれています。肌を手で撫でると、ツルツルにスベスベでこの感触がたまりません。
「りんご風呂には120個のりんごを使っています。一日2回、それを365日毎日欠かさずやっていて、県外客にはとても喜ばれているんですよ」と古川支配人。

りんご風呂は昭和50年頃から毎日行っているもので、アロマ効果があるほかに、りんごに含まれる成分は保湿作用や血行促進の作用があり、肌に潤いを与える効果もあるのだそうです。さらに、この一帯では珍しい塩分を含んだ成分のため、湯上り後、しばらく汗が出て湯冷めしにくい温泉となっています。

そしてもうひとつが自慢のりんご料理。試行錯誤しながら10年間かけて完成したそうで、季節ごとに変わるセット膳メニューに、またバイキングコーナーにも10品以上並び、特に女性客には人気だといいます。

雪の白に、りんごの赤。そして料理にと冬でも一日存分に楽しめる宿なのです。

「私どもの自慢は、何といっても湯質の良さでしょうね。それと津軽を代表する場所に立地しておりますので、りんごをイメージした演出を心がけていることです。そして、スタッフの飾り気のない笑顔ではないでしょうか」と話してくれるのは、古川哲支配人。館内では従業員みんな明るい笑顔で挨拶をしてくれ、気持ちが良いほど。

客室の冷蔵庫を開けると、ここにもりんごが。

客室からはりんご畑が一望できる

お土産コーナーではりんごの地方発送も可能

南田温泉 ホテルアップルランドについて

住所
平川市町居南田166-3
電話
0172-44-3711
泉質
ナトリウム塩化物泉
源泉温度
51・6度(源泉掛け流し・「苹華の湯」は加水)
pH値
8.2
効能
疲労回復、冷え性、腰痛、神経痛、筋肉痛など
日帰り入浴料
350円
入浴時間
「満天の風呂」13:00~21:00
「苹華の湯」 10:00~15:00
家族風呂
平日1.200円(60分)10:00~15:00
(土日祝 10:00~23:30)
休憩
500円※サービス期間中(入浴料込み)
宿泊料
9.000円(税別)~(様々なプラン有り)
アクセス
青森空港より送迎バス有り。所要時間約40分
サイト
http://www.apple-land.co.jp/