ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

フォトジェニックな女子旅

Day 3 青森

「八戸の絶景と十和田を満喫」

青森空港から津軽半島、下北半島とめぐったフォトジェニックな女子旅。最終日となる3日目は、八戸の海岸沿いに続く絶景や、十和田の人気美術館にも足を運びます。夕方までしっかり遊び、青森市内の定番スポットが旅の締めくくり。

それでは、3日目は早朝からスタートです!

2人が早起きして向かったのは、毎週日曜に開催される『館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)』。毎週1万人以上が訪れるという全国最大規模の朝市なので、これを見逃す手はありません。

全長800mにわたって300以上の店が並びます。売られているのは、八戸の鮮魚や干物など魚介類をはじめ、旬の野菜や果物。さらには、コーヒーショップやパンの店などもあり、行列ができるほどの人気グルメも登場しています。

地元の人とのふれあいも楽しみながら、朝ご飯をしっかり食べて元気をもらった2人。

さぁ、今回の旅で一番の絶景スポット、八戸の『種差海岸(たねさしかいがん)』にやってきました。

この海岸は蕪島(かぶしま)から南東へ全長12kmに及び、荒々しい磯浜があれば、一方で穏やかな砂浜が広がるなど、変化に富んだ壮大な自然景観が楽しめます。

あたり一面なだらかな起伏の「種差天然芝生地」では、海を眺めながら散歩したり、ごろんと寝転がったり、思い思いの過ごし方を。青空と芝生がとっても鮮やかですね!

こちらは種差海岸沿いにある「葦毛崎展望台(あしげざきてんぼうだい)」。西洋の古城のような建造物が魅力的です。太平洋を一望できますよ。近くには遊歩道もあり、散策にぴったり!

さて、絶景を思う存分楽しんだ後は、十和田市へ移動して昼食です。ご当地グルメとして有名なのが「十和田バラ焼き」!醤油ベースの甘辛いタレで、牛バラ肉と玉ねぎを炒めたソウルフード。2014年に開催された「B-1グランプリ」で、「十和田バラ焼きゼミナール」がゴールドグランプリを受賞したことにより、脚光を浴びることになりました。

十和田バラ焼きを食べられる店は、市内に80軒以上あり、なかでも人気の十和田バラ焼きゼミナールアンテナショップ『司 バラ焼き大衆食堂』におじゃましました。こちらでは、牛バラ肉を積み上げた“タワー焼き”が特徴。くずしながら自分たちで焼いて仕上げます。

お腹いっぱいになったところで、続いてアート観賞へ。『十和田市現代美術館』では、草間彌生など世界で活躍するアーティストによるコミッションワークを常設展示。ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》の迫力には圧倒されます。ほとんどの作品が撮影OKなのも、お楽しみのポイントです。

屋外のアート広場にもたくさんの作品が点在。十和田のメインストリートにあり、気軽に作品とふれあえるのが嬉しいですね。晴れた日には撮影に夢中になっちゃいそう!エルヴィン・ヴルム《ファット・ハウス/ファット・カー》の太った家の前でパシャリ♪

カフェ好きの2人が次に訪れたのは、『十和田市現代美術館』からほど近い『カフェミルマウンテン』。築100年の古民家を改装した建物で、天井の梁がむき出しの吹き抜けなど、木の温もりを感じる空間がとっても印象的。

2人はいちごジュースを注文しました。ユニークなガラスの器で出てくるのも素敵♪

コンデンスミルクが入った、甘酸っぱくてミルキーな味わいに大満足!旅の疲れがすっかり癒されました。

そろそろ旅の終わりが近づいてきました。青森空港に向かう前に、青森市で人気の2スポットへと立ち寄ります。ひとつは、青森ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する『ねぶたの家 ワ・ラッセ』。五所川原の立佞武多の館と同じく、実際に祭りで使った大型ねぶたが展示されていて、豪華絢爛な山車に見とれてしまいます。

制作者の特徴が表れるねぶた面や、さわることができるパーツねぶたなども展示されているので、より深く知ることができますよ。

もうひとつのスポットは、すぐ隣にある『A-FACTORY』。地元農家の野菜、果物の直売や、郷土の名品、青森ならではのクラフトなどが並ぶマルシェに、県産りんごで作るシードル工房が併設されています。タイミングが合えばりんごの搾汁作業などをガラス越しに見ることもできます。洗練された青森みやげをたくさん買ったら、青森空港へ。

最後は、青森空港のデッキから八甲田山を眺めつつ、青森にお別れを。夕方の便で名古屋に戻るので、最終日もたっぷりと青森の魅力を満喫!Licaさんも美成さんも、大満足で帰路につきました。
みなさまも、ぜひFDAを利用して、青森県をめぐるフォトジェニックな旅に出かけてみませんか♪

【紹介施設のご案内】
館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)
http://minatonichiyouasaichikai.com/

種差海岸(たねさしかいがん)
https://hachinohe-kanko.com/special-top

司 バラ焼き大衆食堂
http://tukasatowada.wixsite.com/barayaki

十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com/

カフェミルマウンテン
https://cafemil.exblog.jp/

ねぶたの家ワ・ラッセ
http://www.nebuta.jp/warasse/

A-FACTORY
https://www.jre-abc.com/wp/afactory/index/

ルートのご案内

フォトジェニックな女子旅記事一覧