ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいと青森 フォトジェニックな女子旅 津軽半島から下北半島へ

Day 1 青森

「津軽半島から下北半島へ」

名古屋(小牧)空港から青森空港まで、FDA便なら約80分。とってもお手軽に東北に旅できるのが魅力です。今回の旅のお供は、名古屋で活躍するインスタグラマーのLicaさんと美成さん。スマホ片手にガールズトリップを楽しんでいただきます。

FDAの機体は全11色と、カラフルなのも特徴。今回はグリーンの機体に乗って、いざ青森へ出発です。

フライト時間は約80分と短い移動時間ですが、早朝便の機内ではパンとりんごジュースのサービスがあるのも嬉しいポイント。のんびりとくつろぎながら、これからの旅に思いを馳せましょう。

青森空港に到着したら、レンタカーに乗って旅のスタート。まずは津軽半島へ向かいます。最初に訪れたのは、五所川原市にある『立佞武多の館(たちねぷたのやかた)』。こちらでは、青森3大ねぶた祭りのひとつ、五所川原立佞武多祭りに出陣する巨大な山車が展示されています。

高さ約23mの山車の周りがスロープになっていて、山車と同じ高さから見学できる仕掛けに。3台の山車をさまざまな角度から、細部まで間近で見られ、迫力満点!歴史についての展示や、大スクリーンでの祭りの映像上映も行っているので、祭りの魅力に浸ることができます。

『立佞武多の館』の見学後は、すぐ隣にある『生鮮市場 マルコーセンター』でお昼をいただきましょう。おすすめは名物の「のへ丼」。ごはん、味噌汁、おしんこが付いたのへ丼セットを注文したら、ご飯の入った丼を持って場内の各店へGO!好みの具材を購入すれば、店員さんがその場で丼に盛り付けてくれます。

マグロやホタテなど新鮮な食材がたっぷりとのったオリジナル海鮮丼がすばやく完成!もし何をのせるか迷っても、いろんな海鮮が盛り合わせになったおまかせセットを選べば間違いなし。津軽弁を話す店員さんとのふれあいもぜひ楽しんで。

五所川原市の金木地区は文豪・太宰治が生まれ育った地としても知られ、『太宰治記念館「斜陽館」』があります。こちらは彼の生家であり、少年時代の暮らしぶりが見られるほか、ARアプリで太宰治と記念撮影ができるというお楽しみも!

さぁ、いよいよ津軽半島の蟹田港から『むつ湾フェリー』に乗って、1時間ほどで下北半島へと入ります。レンタカーの旅だと、車もフェリーで一緒に移動できるのは便利ですね。

船内の席から窓の外を眺めるのはもちろん、デッキに上がって、心地よい海風を感じながら旅気分を味わうのもおすすめです。4月下旬から6月下旬には、野生のイルカがフェリーと並走したり、海面を飛び跳ねたりする光景に出会えるかも!

フェリーを降りると、そこは1日目の終着地、むつ市。下北連山の裾に広がるぶどう畑と、下北ワインを作る『サンマモルワイナリー』を訪れます。下北はワイン大国フランスのブルゴーニュ地方と気候が似ているのだそう。

ワイナリーでは、窓越しにワインの瓶詰めをする工程が見学できます。下北ワインやフレッシュなぶどうジュースなどの販売コーナーもあり、試飲もOK。今回は我慢して、ぶどうジュースで乾杯!夜のお楽しみ用に、ワインはおみやげで買って帰ることに。

ぶどうのソフトクリームをいただきながら、外のベンチでひと休みするのもアリですね♪しっかりとした味の濃さに、アイス好きの美成さんも思わず驚きの表情!

ワイナリーから2kmほど離れた場所にぶどう園があり、4月から11月までは自由に見学ができます。10月中旬からは収穫が始まり、11月上旬は紅葉シーズンに入るので、訪れる時期によって見られる景色が変わります。事前に確認しておくと安心です。

さて1日目の最後には、夜のむつ市へと繰り出します。むつ市田名部の夜の繁華街は、戦後の昭和風情が色濃く残っています。ガイドが町の歴史を紹介しながら町めぐりをする『田名部の夜のまちあるき』に参加。ノスタルジックな景色がたまりませんね。

ガイドに連れられ、昭和の面影を残す商店へ。今ではあまり見かけることのなくなった千本引きを発見し、はしゃぐ2人。1時間ほど散策した後は、希望を伝えれば食事ができるお店を紹介してもらえます。まちあるきには飲食店で使えるクーポンも付くので、青森が誇る大間のマグロや地元グルメが充実するお店で夕飯をいただきましょう。

青森の女子旅はまだ始まったばかり。Day2に続きます。

【紹介施設のご案内】
立佞武多の館
http://www.tachineputa.jp/

生鮮市場 マルコーセンター
http://www.maruko-center.net/

太宰治記念館「斜陽館」
http://dazai.or.jp/modules/contents/class-a01.html

むつ湾フェリー
http://mutsuwan-ferry.jp/

サンマモルワイナリー
http://www.sunmamoru.com/

田名部の夜のまちあるき
https://gururin-shimokita.com/news/info-71

ルートのご案内

フォトジェニックな女子旅記事一覧