ようこそ、ひょいとFDA.comへ 近くて遠かったあの街へ、ひょいと訪れることができるなら、眠っていた文化や、人が動き出す。日本はまだまだ面白く、もっともっと元気になれる。ひょいとFDA.comはそんな想いを胸に、日本の新しい旅を提案していきます。

閉じる

はじめまして、ひょい太です。この春からこのサイトを担当させて頂く新人です!尊敬する寅さんのように日本全国を渡り歩き、その地域の魅力を力一杯伝えることを誓います!不慣れな点も多々ありますがみなさんよろしくお願いします。 ひょいとFDA.com 案内人 ひょい太

閉じる

ひょいと青森 秋の十和田・奥入瀬・八甲田 サイクルツーリズム

Day 3 青森

「八甲田ヒルクライム」

十和田・奥入瀬と青森を代表する自然豊かなエリアを駆け抜けたサイクルツーリズムの旅。最終日となる三日目は、紅葉が進む八甲田エリアへ向けてのヒルクライムがメインです。『八甲田ロープウェー』にも乗り山頂エリアのトレッキングも楽しんだあとは、青森市内へ向けてのダウンヒルが旅の締めくくり。

さぁ、それでは八甲田を目指して出発です!

坂が好きなサイクリストには、国道103号線を使った十和田から『八甲田ロープウェー』まで25キロのヒルクライムは走りごたえのあるルートになるでしょう。でも、そこまで走りきる自信が無いという方もご安心ください。十和田から『酸ヶ湯温泉』までバス輪行を使うというのも手段のひとつ。もしくは、『酸ヶ湯温泉』から『八甲田ロープウェー』の乗り場までをバスに乗るという方法も。走力にあわせてルートを選んでくださいね。

水越さんと私たちが選んだのは、『酸ヶ湯温泉』まで自走でヒルクライムして駐輪。そこからはバスで『八甲田ロープウェー』へと向かうプラン。紅葉が進む八甲田山ですからトレッキングも楽しみたい!と思っての選択です。

『八甲田ロープウェー』の山麓駅に到着!

ご案内いただくのは、『酸ヶ湯温泉』 日本山岳ガイド協会 認定ガイドの其田さん。日本百名山のひとつ八甲田山のトレッキングがスタートです。

みてください!この青空と素晴らしい景色!山頂からは青森市内や陸奥湾も一望できました。

八甲田山とは言いますが、実は「八甲田山」と名がついた山はなく、いくつもの山々で構成されています。その中でも最高峰の大岳や井戸岳、赤倉岳をのぞめる田茂萢湿原(たもやちしつげん)でお弁当タイム♪
八甲田山の中腹には湿地帯がいくつもあり、沼や水辺には「ワタスゲ」「ミズバショウ」などの湿地植物を見ることができるそうです。

そしてトレイルを下り『酸ヶ湯温泉』へ。近くには爆裂火口に温泉水が溜まった『地獄沼』 があり、あたりにはほんのり硫黄の香りがします。
せっかく『酸ヶ湯温泉』に来たのだから有名な『ヒバ千人風呂』に立ち寄りたいという気持ちをグッとこらえて、青森市内へ向けて出発です。其田さんありがとうございました!

八甲田ゴールドライン

『酸ヶ湯温泉』から、再び国道103号線へ。八甲田ゴールドラインと呼ばれるワインディングロードは、ほんとうに気持ちいいですね。

八甲田ゴールドラインにある『萱野茶屋』の近くからは八甲田の山々が綺麗に見えます。まさに絶好の撮影スポットです♪

普段は出会うことのできない雄大なロケーションの中を走る。これがサイクルツーリズムの醍醐味なんですね。八甲田ゴールドラインである国道103号線を青森市内へ向けて下り続けます。

長いツーリングを終えて辿り着いた青森駅前。ここで自家焙煎珈琲豆屋『カフェ・デ・ジターヌ』さんに立ち寄りました。青森駅前からは、再びバスに乗って青森空港へと向かいますが、バス乗車までの時間を調整する意味でもぴったりなお店。もちろん、サイクルラックも店頭に用意されています。

とってもオシャレな雰囲気の店内には、コーヒーのいい香りがいっぱいに広がり、長いライドで疲れた心が癒やされます。コーヒーのラテアートも素敵♪

最後はバイクを輪行バッグに入れて、青森空港へとバスで向かいます。水越さん本当にお疲れ様でした!

みなさま、3日間にわたるサイクルツーリズムのレポートに目を通していただき、ありがとうございました。
私たちFDAの編集スタッフも青森はサイクリストに人気があるとは聞いてはいましたが、実際に取材で足を運んでみて、その理由に納得。青森は雄大な自然と走りやすいツーリングルートが融合した素晴らしい場所だったのです。
今回は紅葉シーズンに出向きましたが、緑が眩い新緑のシーズンにもぜひ行ってみたいと思えるところばかりでした。これは、また青森に取材に行かなければ!
みなさまもぜひ、FDAの『スポーツ用自転車搭載サービス』を組み合わせて、青森へのツーリングにお出かけください♪

青森県のモビリティやサイクルツーリズムに関する情報は、こちらのWebサイトでもご案内されています。
■アオモリ・モビリティ (http://aomori-mobility.com/
■青森サイクリング情報総合案内サイト (https://aomori-cycling.com/


モデル:水越ユカ (富山県射水市出身のシンガーソングライター)
    ・とやまふるさと大使
    ・東北シクロクロスPR大使
    ・GARNEAU Community Club応援団長
    ・フルマラソン女性アーティスト最速ランナー

Photo:Hideyuki Suzuki

【紹介施設のご案内】
八甲田ロープウェイ
http://www.hakkoda-ropeway.jp/

酸ケ湯温泉
http://www.sukayu.jp/Tops/index

カフェ・デ・ジターヌ
http://store.cafe-gitanes.com/

ルートのご案内

サイクルツーリズム記事一覧